雲と光たまに風景


とにかく撮った写真のせまくりです!
by 8cafehamburger
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:第2章( 14 )


新たなる目標、、

なかなか家に帰ることができなくて、、、、、、

オープンして、ランチはさすがに忙しくて、、、
お待たせしないように必死にやっています。

売上も、バーガーも前の倍は作っています、、無理して店開けてよかったと、思っています。

しかし、、贅沢な俺の目標はまだ達成していません、、、

何かがたりない、、、、、


今はゆっくり考える暇がないので、、何かは分からないのですが、、、

もう、一押し、、、

目標になんとしても達成しないと、、、、、


いかん、、眠くて何書いてるかわからなくなってきた、、、(笑)


おおおおおやすみなさい。。。(眠)
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-31 00:18 | 第2章

オープン

2010年3月23日火曜日 エイトカフェハンバーガーが栄5丁目18-16日興ビル1階で、移転オープンです。

オープンチラシとかしていないけど、沢山のお客さんが来てくれました。

売上は予想を上回った売上で、本当にいい感じのオープン初日でした。

いろんな方に感謝です。

ワルンプアンさまお花ありがとうございました。

音楽をエイトのために作ってくださったAロードさんありがとうございました。

お店の装飾品を貸してくれ、融資の面でもいつも気にしてくれた常連の先輩、ありがとうございました。

オープンする為に背中をおしてくれた常連様ありがとうございました。

融資でうまくいかなく、いつも愚痴を聞いてくれた人、工事で無理して儲けなしで店を作ってくれた大工さん、忙しい中、多大の迷惑をかけたAさん、言い出せばきりがないくらいの方に迷惑、心配をかけました。

これからできるだけの恩返しをしていかなくてはと心に誓いました。

今は、オープンでバタバタしてなかなか余裕がないので、ブログの休みがちですが、、、、、

それでは皆様、新しいエイトカフェに是非ご来店ください。
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-28 00:29 | 第2章

オープン前夜

さあ~いよいよ明日は待ちに待った8カフェのオープンです。

本当にここまで来るのに、何回泣いたか、何回諦めかけたか、何回拳を握ったか、何回自分の情けなさを悔やんだか。
いろんな方にご迷惑をかけて、心配掛けて、、、、やっとやっとオープンです。

長かった~しかし、これでやっとスタートラインに立ちました。
これからはスタートダッシュで、どんどん走りまくります。


新生8カフェはどんな店になるのかな?

かわいい優しい、ほのぼのとした店です。(笑)
そして、これからは、お客様と、スタッフと俺とで、もっともっといい店にしていきましょう。

これからの8カフェハンバーガーをどうぞよろしくお願いします。


新生8カフェの始動です!
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-22 21:59 | 第2章

プレオープン

ここ数日は店のオープン準備、前の店の片付け、試作でほとんど帰りは朝帰り、、、睡眠時間は1時間程度の日々が続いています。

2日前は、バーガーの味がバランスが悪くて、なかなか決まらなく、、、Aさんと明け方まで、ハンバーガーを食べ続けました。

まさに、バーガー地獄(笑)

眠気と満腹のなかでも食べ続ける、、、苦しかったです。

そして、プレオープン1日前にきて、このままの味なら、オープン遅らせようかとまで考えていました。


しかし、スパイスの分量を数グラム単位でずらして、やっと「これだ!めちゃうまい!」

Aさん「これですね!うまいっすよ!」


Aさんもこのまま味が決まらなかったら、、、、と考えていたようで、、、

2人で胸をなでおろしました。(笑)

そんななか、ついにプレオープンまでこぎつけました。

新しい制服に着替えたスタッフたち、みんな本当にいい笑顔でオープン準備、打ち合わせをしました。

応援にきてくれた常連さんの撮ってくれた、スタッフたちの笑顔の写真をみて、本当に店をやってよかった、
いままでの苦しみや、悲しみ、悔しさが全て吹っ飛びました。

ある方から、一口食べると涙が止まり、2口食べると笑顔になれる、みんな食べたら元気になれる。そんなハンバーガーの新生エイトカフェの誕生です。
って言葉をいただきました。
涙がボロボロでて止まりませんでした。(年をとると涙もろくなるって本当ですね。(笑))

この言葉どうりの店を目指して頑張ろうと!
気を引き締めました。

夜になり、試作も終わり、Aさんと話をすることができ、お互いにゆっくりと話すことができなかったので、
夜中まで話が続きました。
Aさんから
「いろいろ苦労した分自分の店がオープンするような気持ちです、とても楽しかったです。」
って話してくれました。

俺もいつもなら妥協してしまうのに、最後まで味にこだわり、それを、最後まで付き合ってくれて、真剣に考えてくれたAさんに感謝しました。

さあ!そんなエイトカフェ、なかなか走り出すことができなかったのですが、23日についに走り出します。

ここまで支えてくれた、沢山のかた!
本当にあちがとうございました。

これからも笑顔の絶えない温かいエイトカフェを目指していきます。
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-21 04:36 | 第2章

進むしかない道

政策金融公庫に2度目の融資の面談を受けました。

結果は散々なものでした。
「資金ないのに借りるつもりなの?」
「売り上げないのに店を移転って、おかしいでしょう?」
と担当者は首をかしげてました。

いい場所ですから、今より必ず売上も上がりますから。。。。。

と何回も何回も叫びましたが、、

全く聞いてくれませんでした。


そして、1週間もしないうちに融資できない通知がとどきました。


予想していただけにあまり落胆はしませんでしたが。。。

さてこれからどうするか、、とにかく店をオープンさせて、金を生まないことにはなんともいかない。
そして最低限の必要なものは、カードで買うしかありませんでした。

それからは俺の個人のカードで買い物、来月から毎月何万もの支払いが決定しました。


もうここまできたら、何が何でもオープンさせて、必ず目標売上を達成させ、お世話になった方に恩返ししなくては。

Aさんがほぼ完成されてきたお店を見て。
「大分できてきましたね、嬉しいですね。」
「本当に苦労した店だからめちゃくちゃ嬉しいです。」

と言ってくれました。

利益を無視して、安く工事をしてくれた、大工さんと、関係者の方、自分の報酬を後回しにして、オープンを手伝ってくれたAさん、後ろ向きですぐに落ち込んでしまう俺をいつも励ましてくれた、常連さんたち、
いろんな方に支えられて、ついに3月23日火曜日!
グランドオープンです。


今回のこだわりは手作りです!
エイトカフェオリジナルバンズ、手作りケチャップ、そして音楽!

とにかく新生エイトカフェのスタートがもう目の前です。

今回のエイトカフェはAさんの言うように本当に本当に苦労しました。
いろんな壁もありました。
今まだ乗り越えてない壁もあります。
資金のために妥協しなくてはいけなかったこと。
数えれば数知れません、オープンは楽しい?

いや楽苦しいという言葉を本で見たことありますが、まさに楽苦しいです。
今目を閉じて振り返ると、年末から今まで約3ヶ月長い長い三ヶ月だったような気がします。

もう、お金を借りる借りれないなんてどうでもよくなりました。
そんなちっぽけなことより、いかにこの店を繁盛させるか。
エイトカフェハンバーガーは栄で戦い続けることができるのか。
そんなプレッシャーのほうが強くなっています。

オープンまであとわずか、ここまでブログ読んでくれたみなさま、本当にありがとうございました。

どうですか、反面教師になりましたか?
今回よく言われたのが、
資金もないのによく店作ったね。
普通しないでしょう?
怖すぎですよ~
なんて何回も聞きました。
前にも書きましたが、守り方を知らない俺は攻めることしかないので、店を開けることをしました。
これは本当のこと言えば絶対にしてはいけないことかも。

ただいえることは進むも地獄、守るも地獄です。
どちらに行くかは本人次第。
そしてあとはいかに信頼できる仲間をつくるかですね。
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-16 23:02 | 第2章

出会い

ある人に出会うまでは、俺の道はまさに茨の道だと思っていたのでした。

エイトカフェが閉店した翌日。

お世話になっているかたの紹介で、ある方と出会うことができました。


その方は、何にもないところから、自分で起業して、何店舗かの店舗展開をして、見事に成功して、今は引退して、店を若い人たちに譲って、その若い人たちの相談にのっているという。
まさに俺が夢に見ている生き方を実践してきた人で。

その方の話を是非聞きたいとお願いして、会わしていただきました。

そして、いろんな話を聞いていて、自分の今までの店に対する想い、お客さんをもてなすと言う想い。

経営者としての位置、全てにおいて、俺は甘い、甘すぎたととても反省させられました。


この方に比べたら、俺の3年間なんてなんでもない道のり、今の状況も茨の道でもなんでもないんだ。

そして、今の店も閉店してしまったが、もっともっとやることがあったのでは。
そして、お客さんをもてなすと言う気持ちがもっともっとあったら、続けることができたのでは?
自分の信念をもっと貫きとおしたら店の方向性もずれなかったのでは?

経営者とは常にがけっぷちに立っていなくてはいけない、どんなに儲かって、繁盛しても絶対にがけっぷちにいなくてはいけない。
と言われました。

まさにそのとうりだと思いました。
でも、はたして俺はそれをちゃんと実践していたのだろうか?

時間はあっという間に夜になってしまいました。

俺は人の話とか聞くのが苦手で、ほとんど聞いてないのが多いのですが、この日は昼から夜までの時間が1時間くらいしかたっていないようなくらい、すごく充実した時間とためになる話を聞かせてもらいました。

これで、すぐには人間変われるものではないのですが、まだまだ俺は崖に立っていない、アマちゃん経営者ということは認識することができました。

そしてこれから向かってくるいろんな壁にも堂々と立ち向かえることができるような、気がしました。
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-13 23:40 | 第2章

いばら道へ

さて、、これからどうするか、、、、

とりあえず、銀行からの300の融資をうけました。

契約からもう1ヶ月が過ぎようとしていました。
当然工事も遅れ、オープンも。

俺は、既存の店を運営しながら、資金調達に走りました。

しかし、素人の俺にはほとんどあたるとこもなく、、

「やばいなー。どうしよう~」
と言う言葉と、ため息だけしか出ませんでした。

この頃よく俺の愚痴を聞いてくれ、励ましてくれていた人には本当に申し訳ないことをしたなーって言うくらい愚痴と後ろ向きなことばかり言っていました。


そして、この頃またも吐血、、、っていうか、朝目が覚めると布団が枕の辺から一部血だらけになっていて、さすがに目が覚めて布団がこんなんだと、びっくりしました。
「もうだめかなー、あんまり長くないのかなー。」
って。
「いっそう、このまま逝ってしまってもいいかも。」
なんて、めちゃくちゃネガティブになっていました。


そんなとき
先輩から、もう一度だめもとで政策金融公庫に行こう
計画書も書き直して挑戦しようとと言われました。


オープンまでに少し時間があるので、、挑戦することにしました。


愚痴を沢山聞いてくれた方からも、自分が気づいていながらも、目をそむけていた事を指摘され、自分の見失っていた道が少し見えてきたのです。

とにかく、今は既存の店に集中していかないと今のお客様に失礼だと。
考えるのは、お店が閉店してから、いろいろ考えるべきだと。

この道は自分が自ら選び自ら作った茨の道自分で歩くしかないって思いました。
この頃はね。
ある方にお会いするまでは。
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-10 22:52 | 第2章

後悔の日々

のこりあと200万!

契約はしたもののどうすべきか、、、、、


俺はある方から紹介してくれた、融資に詳しいかたに頼ってしまうのでした。


俺はいつも弱っていると、人に頼ってしまうという悪い癖があり、、、、、
今回も。。。。。

そして、、どこからも融資をしてもらえなく、、、、、


「保証人いませんか?」
「保証人見つけてくれれば、なんとかなります。」

そんなん最初からおらへんやん。。。
なんて心の中でおもっていると。

「これがあなたの信用度ですよ。」

といいつつ時計をみながら。
「まあ、なにかあったら連絡ください。」
と言って、俺の前から去って行きました。


その後、悔しさと自らの行動に後悔し、人に頼ってしまったことに後悔していると。
自然と涙が止まらないくらい泣きました。


そして、その夜に1回目の吐血をしました。
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-08 22:52 | 第2章

じれったい日々

年が明けて、新年早々。
銀行に通い、融資の結果を聞きにいきました。

なかなか結果がでなくて、、、

1月も2週が過ぎた頃、、
もう出たでしょうと聞きに行くのですが
答えはまだ分かりません。

そして、物件ももう待てない、次の人が待っているので、もう回しますと言うギリギリまできたとき。

銀行からの返事は、、500万は無理です。
と言う返事でした。


減額で300万ならと言うことで返事がきたため、どうしようか悩みました。

ここで、思い切って300万の融資で物件を契約してしまうのか、やはりここは諦めて、次の好条件の物件まで待つのか。

かなり悩みました。
しかし、時間は待ってくれません。
どうするか、、、、

こんなにいい条件での物件はなかなか出てこないし、ここは一か八か契約してしまおう。
残りの200万は節約して、あとはそのとき考えよう。
今がチャンスなんだと言い聞かして、契約に踏み切りました。
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-07 22:17 | 第2章

決断

ランチ明けに不動産屋さんに案内された物件を見に行きました。

めちゃめちゃ人のいる場所じゃないけど、、なかなかいいじゃんと思いました。

ただ、内装にかなりの費用がかかりそうだなぁー。
なんて思いました。

その後物件の近辺をあるいてみました。

歩いていて、急に思いついたのは、、

この家賃なら、イートインがイマイチでも、デリバリーに力入れたら、極端な話、栄地区全部が配達地域になる。

これはやらない手はないなーって思うようになりました。

そして、決断。

契約しようーって。

しかし、大きな問題が。。。。。

資金が全くないと言うことです。

さて、、ここからが本当の地獄の始まりなのです。


次の日に早速銀行に相談、500万の融資。
1ヶ月前にもうほとんどの資料は提出してあったので、あとは事業計画書を提出するだけでした。


銀行の担当者からは、500ならなんとか、みたいな返事だったので、かなり期待していました。

そのまま、年末年始を迎えました。
[PR]

by 8cafehamburger | 2010-03-05 23:52 | 第2章